読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命の響

  友人のアマチュアのピアニストさんから

     教えて頂いた本

   館野 泉さんの「命の響」


   



    ただただ、感動して 涙が止まらなかった・・

     あれだけの天才ピアニストが

      65歳になってスカルラッティシューベルトの音が

       わかってきたという・・

     その矢先に脳溢血になり

       その中で常に前向きに生きてこられた姿に

          感動の連続で・・・

  そして、その中で自分がずっと悩んでいる指導のあり方に

     ぐっと突き刺さるような文章がいっぱいありました。

     音を創ることの深さも 再確認できました

     78歳の今も現役で活躍されているパワーの源が

      この本を読むとわかるような気がします。

  この本を教えてくれた友人も、左手だけでピアノを奏でていた時代があり

       彼女の音楽と生きる姿にも

         いつも感動を頂いています。

          彼女に心から感謝です・・・