読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音を創る

  本選が始まり、生徒のレッスンレッスンで何の余裕もなく

  この先自分の本選があるなんて信じられへん(笑)

  師匠には「音が創れてないから途中で飽きる」といわれて(-_-)

   でも、どんだけ楽譜見て考えてもイメージが沸いてこない もう無理、限界(>_<)

   
    そんな様子に娘が1言

  「三善晃さんて東大でてるんやん

    そんなん東大の人でないと理解できないんちゃう?」

       なるほど~ ほんまや(笑)

    つまり私の頭では理解するのが無理なんやな
 
      ・・なら開き直って自分で勝手に幻想してみるか・・

     自分で想像した世界を創ってみる

    そしたらすーっと冷たい空気が頭の中に入り

     少し気持ちが楽になった・・

      娘よ、あんたもたまにはえーこと言うやん

     
   そうだったドンだけ頑張ったって自分に出来ることしか出来ない

      出来ることを確実にするしかないと・・(^^;)

    体力も限界に近いけど、あと少し 頑張ってみる・・