読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のレッスン

自分のレッスンに行ってきました☆

 前回 左のラインが全然わからんといわれた(笑)

   「バッソオスティナート」

 ひたすら左オクターブの練習を頑張っていたのだが・・・

  なんか似ててちょっと違うとか、再現部かと思えば違うとか

    とにかく複雑なん・・(-_-)

 「この曲は、単にジャズっぽいかっこいいだけの曲とじゃないよ」と

    はじめに師匠にいわれていたが

   練習しているうちにそれがわかってきた

    

    ロシアの暗く重い何かが隠れている・・・

  彼の作曲活動初期にかけてはスターリン体制の絶頂期

    ぶつかる音、複雑な進行 何を伝えたかったのか・・・

      当たり前やけどわからん~(笑)(^_^;)

   ・・・まためっちゃ大変な曲選んでしまったかな・・(>_<)(>_<)

    次回までの宿題

     とにかく一つの段落をひたすら片手ずつで徹底

      右左の山谷、強拍弱泊が見事にずれているのを把握するため

    次にゆ~っくり両手で縦のの響きを聴く

       それからあわかず(あわせて数えて)・・・(^_^;)

    

    もう1曲も、とりあえずは違う曲も弾いてみることになり

      練習 時間かかりそう~ :-)

     でもこうして次の目標に向かって頑張れる事は本当に楽しい

           心から感謝しないとね・・