読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年かけて創った音

  
   2014発表会を振り返り・・

    心にグッときた演奏がありました

     大人の生徒さんTさんの演奏

   はじめの1音を聴いたとき、もう涙腺がゆるみました

   Tさんは、発表会に選んだこの曲を

     2014年1年かけて学ばれました。

   もともとTさんは「私は飽き性だから、長い間同じ曲は練習できない」と

    1年にいくつか曲を変えて弾いていらっしゃいました。

     ・・・が去年は、「本番で真っ白にならないで弾きたい」

        と言う気持ちも強くなり

     年末から練習に入り、10月と12月にステップ

       そして発表会という流れで臨まれました。


     秋になった頃から音に深みが感じられるようになり

      流れもとても自然になり・・

     本番の演奏は、本当に心に響く深い音色でした・・

    「音を創るということ」を

     Tさんは3年かけてしっかり学ばれたのですね・・


     2年前にも、発表会前のMさんの「雨だれ」の音に

      心を打たれた事があります。

   MさんもTさんもレッスンを休まれたことはほとんどありません。


     大人の生徒さんのピアノに向かう姿勢に

       私自身 大切なものを教わっている
 
         

          そんな気がします・・・