読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の音


  舘野泉さんのコンサートに行ってきました

   去年、舘野さん著「命の響」を読んでから

   是非コンサートに行きたいと思っていて

    早速実現出来てよかった

    
   初めの曲 バッハブゾーニシャコンヌブラームス編曲)で

    もうすでに感動して涙が・・

   左手だけで、どうしてあんな響きがだせるんだろう・・

    どの曲も、1音1音がぐっと心につきささるような

     響きで広がっていきました。

   途中、現代曲が続いた時だけは

     ちょっと睡魔が襲ってきたけど

      こんな凄い人が弾いても、現代曲はやっぱわけわからんな・・(笑)(^_^;)


   鍵盤の端から端まで

    左手だけでかけめぐる

    低い音は深く温かく、高い音はキラキラと透き通り
 
     音色はいくつもの層に分かれて

    とにかく 凄かった・・・感動・・

   自分の弾く音は本当のピアノの音じゃないな・・・と思った

     まだまだ、音に対する想いがぬるい(-_-)


    80歳になられた舘野さんの

      人生の音を聴かせて頂いた感じがしました・・・