読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

充実の1日

 
   今日は今年ステップに参加してきました

    三善ソナタ初ステージ もう逃げられない(笑)

   それはそれは色々反省だらけではあるが(--〆)

  とりあえず今日の目標は「最後まで無事到着」なので

     しかも結果を待つ時間がなかったので

    結果ももらわず、継続表彰だけ受けて

     逃げるようにシンフォニーホールへ(^_^;)

       
        35回表彰でした

   

   午後からは「ショパンコンクールガラコンサート」

     会員のご父兄にチケットを取って頂き

     一緒に至福の時を楽しみました


    今日は前から3番目の席だったので

    タッチの見事微妙なコントロールで音色が変わること

      同じパッセージを2度と同じ音色で弾かない

    あんなに大きなホールなのに

     ソフトペダルを沢山使って多彩な音色を創っている・・

     など色々な発見があり、演奏者の呼吸まで近くで感じることができ

      ほんとに沢山の感動で胸がいっぱいになりました


    皆さん それぞれに素晴らしかったのですが

     やはり一番心を打たれたのは

         2位のアムランさんの温かな音色でした・・

     どう表現したらいいのかわからないけど

      ただただ感動で、涙が止まらなかった(;_;)


   そのアムランさんが、パンフレットにショパンの演奏について書かれた言葉です

   
 ・・・あとは、楽譜に忠実に、書かれた事を自分に馴染ませたうえで、

   演奏中はそれを忘れて音楽を創る事が大切です。

   書かれたことにただ従う演奏では、音楽の魂を通じて
   
   聴き手とつながることはできません。一方、楽譜を気にせず

   自分を表現する行為は、単なるエゴだと思います。

     そのバランスが大切です。・・・


    この文章がまた心にしみて

     改めて、楽譜を見る事、そして演奏にどうつなげるかの

      重要さを考える事が出来ました。

    素晴らしい充実した1日になりました