読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の入った音

 コンペも中盤にさしかかり

  持ち曲に飽き飽きした生徒たち・・

 「このテンポで通過してた」とか「ここをこう弾いたら通過出来てなかった」とか

  そんな意味のない事ばかり気にして曲を練習してるのか

    どんどん新鮮みがなくなり死んだような音楽に・・・


  そんな中、今日久しぶりに魂の入った音に出会えた

   彼女は今年飛び級で、技術的にもしんどく

    曲が中々手に負えずものすごく苦労していた。

   それでも「もっともっと上手くなりたい」という意思をしっかり持ち
     
     一生懸命練習していた成果が

     やっと、やっと音になってきたんだな

    「1音1音どの音もよく考え

      魂の入った音・・時間をかけて創った音・・」

     コンクールの落とし穴にはまることなく

     1番大切な事を、今年本当に苦労しながら

      彼女は学ぶ事が出来てきたと思う・・


     

   1番大切な「音創り」が出来なければ

      予選通過の意味はない

     生徒達みんな気持ちを引き締めて

       取り組んでほしいと思う・・・

         もちろん 私自身も・・・(^^;)